顔のたるを取る解消法
スポンサードリンク

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージの準備と手順





今巷で話題沸騰の造顔マッサージ。そのやり方はテレビや雑誌でもよく取り上げられて、大体知っている人も多いでしょう。ここではマッサージの手順としてまずはその基本段階、準備の部分を解説します。

造顔マッサージをする時間は決まっていません。いつでもあなたの都合のいいときに行ってよいのです。マッサージの効果は大体10〜12時間持続します。結構長いですよね!? 従って朝行えば、その日の日中一杯もちます。つまり、仕事などをして他人にを見られている間ずっと「スッキリ小」がキープできるということです。これは嬉しいですね☆もちろん夜でもOKです。とにかく大切なのは毎日続けることです。毎日続けることで、あなたのおは確実に美しく変化していきます!

あと、「今日はキメたい!」というときに、メーク前に行えば、化粧のノリも違い、他の人の中でひときわあなたの美しさが際立つこと請け合いです。

このマッサージは、表面をやさしく撫でるのではなく、指の腹全部を使ってに押し当て、圧力をかけての筋肉をもみほぐし、脂肪をも揉み出すように行うので、結構力強いものです。ですから、マッサージによる摩擦や刺激から肌を守るために、たっぷりと惜しまずクリームを塗りましょう。

クリームは、油分が控えめで固めのものが、滑りすぎず、圧力がかけやすいので適しています。
姿勢が悪かったり、頭が不安定にグラグラしていると、十分に力が入らず、マッサージの効果も半減します。「さあ、私は今から小になって美しくなるわよっ!!」と気合を入れて行うと姿勢も良くなり、マッサージしやすくなります。壁に頭をつけて、姿勢を安定させると更にやりやすいと思います。

本格的なマッサージに入る前に準備体操のようなウォーミングアップをしましょう。

両手でをはさみ、耳の前からゆっくり余分なお肉を移動するように首筋まで持っていきます。決して内側に入らないように真下に手を下ろしてください。これを2・3回繰り返します。この動作で、のリンパや老廃物の代謝がよくなり、マッサージの効果もUPします。

のリンパ液は、頭から首に向かって上から下へ流れているので、この自然な流れに沿って手を動かすことによってリンパの流れが良くなるのです。

「上から下って、リフトアップの逆じゃないの??そんなことしたら余計下にたるんじゃうんじゃないかしら…」と思うかも知れませんが、自然の流れに沿うことにより、かえって引き締めの効果が現れるのです。
上に引き上げることばかりに気をとられるよりも、血行をよくして新陳代謝を促進し、老廃物を効果的に排出して引き締めることによってたるみをなくし、若々しいを作り上げる、という考え方です。

ポイントとしてはとにかくまっすぐ下へ降ろすことです。こめかみの下→耳の前→首すじ→鎖骨というながれです。あごの方向ではありません。リンパの流れは鎖骨に向かっているので、鎖骨は重要ポイントですよ!意識して力を込めて行ってください。ただし、首のリンパが腫れやすい方や顎関節症の方などは無理してあまり強く刺激をしないでください。あくまでご自分の体調に応じて、「気持ちいい」と感じる程度で行いましょう。

スポンサードリンク
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60146082
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。