顔のたるを取る解消法
スポンサードリンク

顔たるみ解消法

自分でできる!顔たるみ防止のつぼ押し





人間の体には、たくさんの「つぼ」があります。そのつぼの中で特にしわやたるみ解消に効果があるつぼをご存知ですか?

頬のたるみに効果があるつぼは、鼻から口にかけてできる法令線の中央あたりにあります。ここを外から内に向かって円を描くようにゆっくり軽くマッサージしてください。

次に、目の周りにもしわやたるみに効くつぼがあります。

目尻の脇とその下を、こめかみに向かって引き上げるように押すことで、小じわやたるみに効果があります。特に目の下のたるみが気になる方は、目の中央の下あたりと、目尻の真ん中くらいを、目尻に向かってトントンと軽くたたいてください。ピアノの鍵盤を軽くはじく感じです。

その他、額のしわには、額の中央を4本の指で円を描くようにマッサージするとよいでしょう。

いずれもつぼを押すときは、クリームやオイルを塗ってください。肌のすべりが悪い状態で行うとかえってしわになったり、皮膚を傷めてしまいます。

顔たるみ解消法

顔のエクササイズの効果




にはたくさんの筋肉があり、これを一般に「表情筋」と呼んでいます。この筋肉によって私たちは喜怒哀楽のさまざまな表情を作ります。人間の感情を表現するうえで非常に重要な役割を持っていると言えます。ですがこの表情筋、何もしないでいるとどんどん衰えます。そしてそれがたるみにつながり、年とともにどんどん進行していきます。ですからその表情筋は常にレーニングする事が大切です。

表情筋を鍛えるエクササイズを行うことで、たるみ解消され、の表情が明るくなり、フェイスラインがキレイになり、小になり、さらにたるみがなくなり若く見えるようになります。どれも女性にはうれしいことばかりですね。

運動をすると体が温まり、じわじわ汗ばんできますよね。それは体が脂肪を燃やし始めるからです。の運動も同じことです。表情筋を動かす事により、カチカチに固まっていたの筋肉が柔らかくなり、硬い筋肉に押しつぶされていて動きが鈍っていた神経や血液が働きだし、真皮のコラーゲンやエラスチンなどにも影響しハリと艶が戻ってきます。

更に脂肪層にも良い影響を及ぼし、余計な脂肪を燃やしてくれるので、たるみの無いスッキリ小にもなります!たるみ解消されると筋肉の弾力が豊かになり、ステキな笑も手に入れることができます。女性に笑はマストですよね!

でもこれは1回で効果が現れるものではありません。どんなエクササイズでも同じですが、続けなければ何の意味もありません。毎日、食事をするように自然に行うように習慣づけていきましょう。続けていれば、ゆっくりでも確実にたるみ解消の効果を表します。筋肉は鍛えれば鍛えるほどやわらかさを取り戻します。年齢なんて関係ありません。日常生活の中で気軽にできますので続けていきましょう!!

顔たるみ解消法

顔たるみ対策グッズあれこれ




たるみをとったり、痩せや小に効果があると唱う商品は最近本当にさまざまなものが出回っています。よくまあ、こんなにいろいろなものを考えるなぁ、と感心するほどです。その中のいくつかをご紹介しましょう。

● スキンパッチ
に張るだけで筋肉に刺激を与え、小が実現!

● リフトアップマウスピース
これをはめている間、ピースの凸凹が表情筋を刺激し、リフトアップ。モデル事務所も極秘に採用しているとか。

● リップトレーナー
歯と唇の間にはめて使います。唇を閉じるだけで口の周りの筋肉を鍛え、小たるみ防止、痩せに効果があります。一回3分、一日4回のトレーニングが必要。もとは歯医者さんが考案したもののようです。

● 小ぷるぷるブレード
長めの定規のような細長い板です。プルプルゆらして唇との表情筋を使うことにより、たるんだアゴのラインを引き締め、小GETを目指すトレーニンググッズです。

● フェイスアッパー
歯と唇の間に挟むもので、内側から頬を押し出して口の中からを持ち上げます。1日たったの3分間で効果が現れるようです。

● スリムローラー
の上で軽く転がすだけの簡単グッズ。プロのエステティシャンのハンドマッサージテクニックを自宅で手軽に再現してくれて、美白と小をGETできるローラーです。

● ビューティースマイルトレーナー
これを口に入れて、朝・夜1日2回3〜5分間、笑のトレーニングをします。続けるとや首の筋肉を引き締め、たるみ解消、小効果もあります。

● スリミングジェル
これを塗ることでたるみや二重あごが解消されスリミング(小)効果を期待できます。

● リフトアップ美容液
頭皮につけるものやにつけるものがありますが、いずれにしても、これをつけてマッサージすると目尻や頬が引き上げられ、輪郭を引き締める効果があります。

顔たるみ解消法

針灸治療で顔たるみ解消




たるみには針治療も効果を発揮します。針を使った美たるみのほかに、しわ・美白・乾燥肌・ニキビ・アトピーなどにも効果的です。針治療は、しっかりと資格を持った専門家が行わなければなりませんので、針灸院に行くことになります。

針灸治療には次のような効果があります。

1. 面および全身の血行をよくする(血流が悪いと、皮膚・筋肉に栄養が行かないので皮膚が老化し、しわ、たるみ、色黒、しみの原因になります。)
2. 筋肉の緊張を解き、やわらかくする(筋肉が緊張して常に収縮した状態だと、しわになります。こんな状態でいくら高価なしわ取りの化粧品を塗りたくっても効果はゼロです。全身の緊張を解き、筋肉を柔らかくする事で、しわはだんだん薄くなっていきます。)
3. 筋力を向上させる(筋力が低下すると、筋肉がの皮膚をその場所に保持し続けることができなくなってたるみます。の筋肉体操とあわせると効果倍増です。)
4. リンパ機能を向上させる(リンパの流れが悪いと体の中に老廃物がたまり、むくみ、くすみ、しわ、たるみ、老化の原因となります。のむくみがとれれば、目も大きくパッチリとし、の輪郭もスッキリして小になれます。)
5. 免疫細胞を活性化する(風邪を引きにくくなり、また、アトピー性皮膚炎や化粧品によるかぶれなどにも効果があります)

針灸院での治療は保険は利きませんが、エステよりはリーズナブルです。針は細くて、痛みもありませんから一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

顔たるみ解消法

たるみ解消、横顔引き締めエクササイズ




「引き締まった小で、艶とハリのある肌でいつまでも若々しくキュートに見られたい!」というのが女性の共通の願いでしょう。

の皮膚の下に余分な水分や脂肪がたまると、それらはその量と重力に応じて下に下がろうとします。その結果、あなたの眉・瞼・目尻・頬・口元がたるんでダラ〜ンとしてくるのです。そうなると必ず実年齢よりも老けて見られます。

実年齢より若く見られるにはどうしたらいいのかというと、それは、のむくみや脂肪を取り、の筋肉を鍛えるトレーニングをすることです。とにかく、使わないでダランとさせておくのがよくありません。を動かすことで面の血行がよくなり、肌も活性化します。

ここではひとつ、横を引き締めるための簡単なエクササイズをご紹介しましょう。

@ 奥歯を合わせ、唇を軽く閉じる
A 5秒かけてゆっくりと奥歯に力を加えていく
B 5秒キープしたらゆっくり力を抜き、元の表情に戻る

@〜Bをスムーズに5回繰り返す

これで「咬筋」が鍛えられ、あごの周りやフェイスラインがすっきりしてきます。人がうらやむ横美人を目指しましょう。ただし、虫歯のある人や歯が欠けている人は強くかみ過ぎないように注意してください。

顔たるみ解消法

顔たるみにヘッドマッサージ




「おたるみは頭皮から」ということが言えます。見過ごされがちですが、と頭の皮膚はつながっています。同じ一枚の皮膚なのです。頭皮がぶよぶよゆるゆる状態だったり、血行不良だったりすると如実ににも影響を与えます。

デスクワークの多い方は上半身だけを酷使しているため、頭皮は硬くなり、血行も悪くなります。頭皮が疲れているとの色もくすみ肌も弾力を失います。そしてそれがたるみにつながるのです。

実際、定期的に頭皮マッサージしていると、のリフトアップにも効果的ですし、お肌の透明感も断然違ってきます。最近はヘッドスパなど、ヘッドマッサージが受けられるエステも増えてきたので、エステサロンでそのようなケアを受けるととても気持ちいいですし、美容的にもお勧めですが、自分でも自宅でちょっとしたヘッドマッサージをしてあげるとよいでしょう。

そんな時、自分の好きな香りのアロマオイルを水またはぬるま湯で薄めて頭皮につけてマッサージしたりしてあげるとリラックス効果倍増です。香りにはさまざまな効果がありますので、そのときの状態によって香りも変えるとよいでしょう。ただし、アロマオイル(精油)はラベンダー以外は直接皮膚にはつけられないので必ず水などで薄めてください。

バスタイムを利用して、セルフケアを行えば、身も心もリラックスして、血行もよくなり、トータルな効果でたるみも改善します。

顔たるみ解消法

顔たるみ改善法





たるみは、人のを老けて見せるだけでなく、実際の深いしわの原因ともなります。お肌のハリを保つコラーゲンとエラスチンは年を重ねるとともに減少していきますが、紫外線によっても破壊されます。
顔たるみの原因は毎日作られているので、それを改善するためには毎日の努力が必要になってきます。

ここでは、毎日の簡単な顔たるみ改善法として、の筋肉体操をご紹介します。

顔たるみの改善には表情筋のストレッチをすることが重要です。これは、日ごろを意識して動かしていない方には、かなり即効で効果が現れるのでおすすめな方法です。筋肉は使わないでいると萎縮し、逆に使えば年齢に関係なく発達します。の筋肉(表情筋)も腕の筋肉や腹筋と同じで、鍛えれば強く、締まってきます。気がついたときでもOK、のストレッチを行い、顔たるみを改善しましょう。遅すぎることなんてありません!

この表情筋のトレーニングは「スマイルトレーニング」とも呼ばれています。頬の筋肉の緊張をほぐして血行を良くする効果があり、とても効果的ですが、やりすぎると逆にしわができてしまうので、程よい程度で行うように注意してください。何事も欲張るといけない、ということですね(笑)。

具体的なストレッチ法は、様々な方法がありますが、私が日々行っているのは「アーエーイーオーウー」と言う形にを動かして、表情筋を伸ばす方法です。実際に声を出してもいいですが、出さなくてもいいです。大きな声を出すときのようなになればいいだけですから。ただ、動きは大げさというほどに大きくしてください。

この動きをすると、日常生活ではなかなか伸ばせないの筋肉を伸ばしてあげることで、の筋肉自体を鍛え、緊張をほぐすことができます。この体操を終えると、が熱くなってくるのがわかります。それだけ血行がよくなったということなのです。血行がよくなると細胞も活性化し、ハリも出てくるというわけです。ぜひ実行してみてください。

顔たるみ解消法

顔たるみ解消エステ




顔たるみを自力で治そうとして、マッサージをしたり、いろいろな化粧品やサプリメントを使ってみたけれど思ったような効果が出なかった方は、エステサロンなどを試してみるのもいいと思います。自己流でダメなら専門家に頼ろうというわけです。

ただ、エステは高いです。顔たるみ解消のフェイシャルエステは少なくとも1万円以上は取られます。1回で効果が出るわけではないので当然、何回も通うことになるのですが、そうすると1ヶ月に5万くらいは必要になってきます。何10回分かの費用を前払いでまとめて請求されるサロンもあります。だから、お金に余裕のある人向きです。

エステでおこなわれる顔たるみの治療はさまざまです。エステティシャンが手で行うマッサージや、超音波美器や微弱電流の流れた手袋を使うものや、リフトアップ効果を狙った美容成分が入ったパックを行うものなどがあります。

特殊な器具を使うと、肌の深層部分まで刺激が伝わり、手のマッサージでは得られない効果が期待できます。エステでは、高いなりにそれだけの効果も得られるものと思います。自分の財政状況をチェックして、大丈夫そうな方は、一度エステを試して、その効果のほどを見てみられてはいかがでしょうか。

顔たるみ解消法

実践!顔たるみ解消の顔面体操




私が毎日やっている面体操をご紹介しましょう。テレビや雑誌などで紹介されているのとほとんど同じですが、わかりやすく説明してみます。私はこれを寝起き一番に必ず行います。それから銭湯とか温泉に行ってもやってます。いつも私がこの面体操を始めると、いつの間にやら隣にいたおばさんも始め、それが全体に伝染し、私の周囲全員が同じ動きを始めます。いろんなところでやってみたのですが、必ず女性は真似します。この現象、かなり面白いです(笑)。みなさんもこの体操、マスターしてスパなどに行ったときにやってみてください。

面体操のポイントとしては、一回の動作はゆっくりすることと、動かしている部分を常に意識することです。毎日とまではいかなくても、とにかく続けることが一番大切です。「継続は力なり」です。やり始めて3日くらいすると、にハリが出てきます。

私はおおっぴらに銭湯などで、人前でもやっていますが、かなりスゴイ形相になるので、恥ずかしい人は誰も見ていないところで一人で行いましょう。あ、、さすがの私も、男性の前ではやりません(笑)!

では、いよいよ始めましょう。

まずは、頬のたるみ解消の体操です。

@ 口を閉じて、口の端を片方だけ上げ、同時に同じ側の目を閉じて5秒キープ。
A ゆっくりもとの口元に戻す。(左右3セット)
B 目を見開いて、3秒ずつくらい、ゆっくりと「アーエーイーオーウー」と言い、その後自然な表情に戻す。(これも3セット)

次に全体の表情筋を鍛える体操です。

@ ニコっ!と思いっきり笑になる。口が裂けるくらいのいきおいで。
A 唇を思いっきり前に突き出すと同時に目を見開く(ひょっとこみたいな感じ)
B Aの状態のまま、頬を引っ張っていく感じで唇だけを横に動かす。目も同じ方向を向く。
C 同じように反対側に移動
D 思いっきり頬を膨らまして「プンプン」になる
E 思いっきり頬をすぼませて、同時に眉を上げて目は瞼に力を入れて薄目状態にする。
F @の笑に戻る
@〜Fを5回繰り返してください。

この体操をするとたるみ解消し、表情が豊かになり、第一印象もよくなります。表情が乏しいと言われたことのある人や、面接前の緊張している人にもおすすめです。

顔たるみ解消法

顔のたるみ解消のストレッチ





たるみの原因は、老化による自然現象ももちろんありますが、普段の生活によるものも非常に大きいです。そのひとつに姿勢があります。猫背などによって、僧帽筋(肩から首にかけての筋肉)が硬くなり、その結果、表情筋の動きが鈍くなり弱り、やがてがたるんでくるのです。帽筋をほぐしてリラックスさせ、表情筋を鍛えることによってたるみ解消できますよ。

たるみとおさらばできる、僧帽筋ストレッチをご紹介しましょう。これは大体、10日くらい続けると効果が出てきます。ぜひやってみてください。

<首周りの筋肉を伸ばして僧帽筋をリラックスさせるストレッチ>
@ 背筋をしっかりと伸ばして上半身をリラックスさせた状態で、左手で右肩を押さえ、右腕を斜め下に伸ばす。できるだけ遠くへ伸ばすように意識して。
A 耳を方につける気持ちで頭を左に倒し、5秒間キープ。無理しないで、程よく気持ちいい程度で。
B 少しの向きを変えて、鼻を片につけるようにしてまた5秒間キープ。首の後ろから後頭部にかけての筋肉がぐーっと伸びる感じです。
C あごを肩につけるようにして首周りと喉からあごにかけての筋肉を伸ばし、これまた5秒キープ。

@〜Cを3セット繰り返します。

<姿勢を良くして僧帽筋を伸ばすストレッチ>
@ 背筋を伸ばし、腕を頭の後ろに添えて手を組み、あごを引く。
A 胸を張って少し体を後ろに反らせた状態を15秒間キープ。
B 上体を前に倒して体を丸めて15秒キープ。(背中全体の筋肉が良く伸びるように意識して行ってください。)

@〜Bを3セット繰り返します。
胸を張って、少し状態を後ろに反らせたまま15秒間キープします。

さて、ここからいよいよたるみに効くストレッチです。

@ 「眉毛を上げる → 下げる → 寄せる」を10回
A 「口をできるだけ横に開く → できるだけすぼめる」を10回

たるみ解消」と言ってもその前に、周りの筋肉をほぐすことがとても大切です。だけをチョコチョコっと動かしても効果はあまり期待できません。人間の体はつながっています。トータルケアが大切ということです。

また、これらのストレッチはターバンをつけて行うと、のリフトアップ効果を助けてくれるのでより効果的です。さらにさらに、お風呂をシャワーで溜めるようにして、その間、外にいるのではなくお風呂の中で行えば、シャワーのミストとマイナスイオンが毛穴を開かせ、毛穴の汚れも浮き出てきます。その後に洗すればいつもよりずっと汚れが取れ、おスッキリ、モチモチのぷるるんお肌に変身です!!

顔たるみ解消法

顔のたるみを解消するケアと化粧品




鏡に映った自分のを見ると、頬の辺りがなんとなく垂れているような…という経験をしたことはありませんか?認めたくないけれどそれは間違いなくたるみです。たるみは長い年月をかけてゆっくりゆっくりと進行していくので、普段は気にしていないのですが、ある日ふとした瞬間に気づくことが多く、一度気づいてしまうと「老けてしまった!」と大変ショックを受けてしまいますよね。「ああ、何とかしたい!!いつまでも 若々しくハリのあるでいたい!! 」そう思うのが女心ですよね。

たるみの原因はいくつか考えられますが、まずは加齢による肌や筋肉の衰え、次にコラーゲンやエラスチンなどの肌のハリを保つ成分が少なくなり、支えを失った表情筋下がってしまう、あと、毎日行っているスキンケアが間違っていて、たるみに拍車をかけている可能性もあります。良かれと思って毎日せっせと行っているケアによってどんどんたるんでいくなんてあまりにも悲しいですよね。

そこで、少しでもたるみに「待った!! 」をかける基本4か条の法則をご紹介しましょう。

1. 洗のときは、ゴシゴシこすらず肌が動かないほどのやさしい力で「泡で」なでるようにし、すすぎも肌の温度以上のお湯を使わないこと。肌の潤いを根底から取り去ってしまわないように。
2. 洗や環境によってどんどん失われていてしまうアミノ酸をしっかり補給できる化粧水をつける。
3. とにかく肌の乾燥を防ぎ、水分をがっちりキープすること。「保湿」というよりも「保水」です。
4. 体の冷えをなくし、むくまない体質作りを心がけること。

ケアの中で特に注意していただきたいのは、使用する洗料や化粧品です。必ず成分表示を確かめて、石油を原料とする界面活性剤や保存料を使用していない、完全オーガニックの製品を使ってください。箱などの表示は小さくて読むのもいやになりますが、どんなに小さな字でもこれだけは必ずチェックしてください。石油由来の物質が肌に与える影響は甚大です。刺激によって肌を荒らしたり、しわの原因になったりし、また体にも悪影響を及ぼします。

それから、4は一見、とは関係ないように思われるかもしれませんが、も人間の体の一部です。目の下のたるみなど部分的なところだけが気になる方でも、全体、いやそれにとどまらず、体全体・生活習慣全体の“トータルケア”が必要です。その上で化粧品をつけたり、のエクササイズをしたりすることで効果がより大きく現れてくるのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。