顔のたるを取る解消法
スポンサードリンク

顔たるみの予防法

たるみケアのコスメの選び方





たるみで一番目立って、老けに見えてしまう部分のひとつに頬のたるみがあります。皆さんは頬のたるみのケアにどんなコスメを使っていますか?頬はの中でけっこう広い面積を占めているので、頬につけるコスメは自分の肌に合っているか、また必要な成分が含まれているかを十分に吟味して選ぶ必要があります。どんなに頑張ってスキンケアをしていても、関係のない成分しか入っていなければ、頬たるみ解消することはできません。

そしてあなたは何年も同じコスメを使っていないでしょうか?昔は肌に合っていたとしても、時が経つにつれて肌の状態は変わっています。頬のたるみが、肌に合っていないコスメが原因ということも考えられますので、自分が使っているコスメが古過ぎないかどうかチェックするところからまずは始めましょう。使用期限は1年が限度です。それ以上経っているコスメは思い切って捨てましょう。

頬のたるみに効果的なコスメには皮膚の細胞の活性化、保湿効果、肌にハリを与える効果、引き締める効果など、様々な美容効果を引き出してくれる成分が含まれていて、種類も大変多く売られています。

これらは、自分の症状に合ったものを使うと、パンっと張った、理想的な肌を手に入れることができます。
自分に合っていないものを使うと、思ったような効果を得られないどころか症状を悪化させることがありますので慎重に選んでください。

特に肌が弱い方は、今はネットや雑誌などで試供品を簡単にもらえますから、それをもらってパッチテストをすることをおすすめします。

顔たるみの予防法

顔たるみ撃退グッズ




たるみを取る!」と唱っているグッズはいまや巷にあふれかえっています。

毎日の食事やマッサージ、ストレッチでも効果はあるのですが、やはり更に効果的に、速く美しくなりたい!というのが女心ですよね。

たるみ撃退グッズとして比較的簡単に始められるのはクリームとマッサージ器でしょうか。

クリームは、ビタミンE、レチノール(ビタミンA)、セラミドなどの保湿成分やコエンザイムQ10などのリフトアップ効果のある成分の入ったものを選びましょう。値段はピンからキリまでいろいろで、高いものは何万円もしますが、高ければいいってものではありません。自分のお肌と相談して、合うものを選びましょう。

マッサージ器具では、テレビで紹介されたこともある、半導体ローラーがお手軽です。お肌の老化やたるみは紫外線やストレス等によってできた活性酸素によって細胞が電子を失い酸化することが原因と言われているのですが、半導体はその失った電子を補給し、活性酸素を取り除き、見違えるようにお肌を生き生きと蘇生させてくれます。

お風呂に入りながらとか、テレビを見ながら、の上を軽くころころと転がします。手のマッサージでは届かない皮膚の奥深くにまで働きかけ、リンパの流れをよくしてお肌を活性化してくれるのです。これだと疲れないので気軽にできます。値段も1万円ちょっとくらいです。

他にも本当にいろいろなグッズがあります。お店やネットを見ていると面白くなります。時にはこういったグッズも活用して、たるみとさよならに向けて頑張りましょう!!

顔たるみの予防法

顔たるみのケア





の筋肉(表情筋)も、腹筋などの体の筋肉と同じように、鍛えれば発達します。表情筋の衰えを防ぐために、日々のストレッチを行い、筋肉を動かしてたるみを撃退しましょう。

たるみは対策を施しても結果が出るのが少し遅いので、イヤになったり、毎日のケアをサボってしまいがちですが、毎日コツコツ続けていけば、少しずつでも確実に効果が現れてきます。決して諦めないでください。続けることが何より大切です。

減少してしまったお肌のコラーゲンを取り戻すためにはビタミンC、レチノールなどの成分を取り入れることが不可欠です。たるみに効果があるとされる化粧品を使うと、お肌がピンっと肌が張ったように感じますが、やはり根元からたるみ解消することは出来ません。

食べ物からお肌に良いものを身体に入れていくことにより根元から改善を図ることができます。エラスチンやヒアルロン酸などのムコ多糖類や、コラーゲンが配合されたサプリを飲んでみるのもいいでしょう。
もちろん、徹底したUVカットや保湿対策で、今できてしまっているたるみを悪化させないよう、また新たなたるみを作らないよう気をつけることも忘れないでください。

顔たるみの予防法

美顔器使用にあたってのポイント





たるみ解消には、手によるマッサージもいいですが、美器を使うと手では届かない深層真皮にまで刺激が伝わるので効果的です。今は驚くほどたくさんの美器が売られています。ご自身にあった機能・値段のものがあれば購入して使ってみられると良いでしょう。

ただし、美器を買ってもただ闇雲に使えばいいってモンじゃありません。正しい使い方というものがあります。それをしっかり理解して使わないと効果なしどころか、マイナスの影響が出てしまうので注意!気をつけるポイントをまとめましたのでチェックしてください。

手の動かし方は、「下から上、内から外」が基本です。余計な力を入れ過ぎないように優しく撫でてください。強くこすりすぎると肌表面を傷めたり、しわの原因にもなりますし、筋肉やリンパに対しても悪影響です。これは洗のときはクリームをつけるときも同様です。

次に、使用する時間や回数に注意してください。多めにやれば効果も高まるのではないかとついつい多めにやってしまいがちですが、それは逆に悪影響です。の筋肉は体に比べてとても繊細にできています。必要以上に刺激すると、筋を傷つけてしまい、がゆがんだり、必要ない筋肉がついてしまったりすることもあります。

美しくなりたい気持ちは分かりますが、欲張りは禁物です!! 気をつけましょう。

顔たるみの予防法

顔のたるみに効くクリームとは




たるみを取り除くには、まずその原因を取り除くことが肝要です。そのためには、肌に潤いと弾力を与えることと、の筋肉を鍛えて引き締めることが重要ポイントです。

お肌に潤いを与えるにはどうすればいいかと言うと、それはもう、「保湿」のひと言に尽きます。スキンケアは保湿に始まって保湿に終わる、と言っても過言ではないくらいです。空気が乾燥する冬や、エアコンがかけっぱなしの室内に長時間いる場合はクリームや加湿器などを利用してこまめに保湿しましょう。

お肌を引き締める成分として、最近お茶の成分であるカテキンが注目されています。その他にはコエンザイムQ10、ビタミンEなどがあります。リフトアップ効果と“プルプル感”促進にはオニイチゴ根エキスやアーモンドエキスがコラーゲン合成を促すという点で効果を発揮します。これらはフェイスラインをあげたい方はもちろんのこと、バストやヒップのたるみを取って持ち上げたい方にもおすすめです。クリームを選ぶときにはこれらの成分が入っているかどうかも参考にしてください。
  
自分の肌に合ったクリームをGETしたら、それをおにたっぷりとつけて、肌に負担をかけずにマッサージしてください。お風呂に入ったときに湯気をスチーム替わりに使ってマッサージすると更に効果的です。たるみにはやはりマッサージが大切です!

あと、「自分に最適で100%天然のクリーム」とも言えるものに、あなた自身の皮脂が挙げられます。皮脂は毛穴が詰まっていると外に出られずに内側に溜まってニキビになりますが、適度な皮脂は肌に潤いを与えるという重要な役割を持っています。だから、洗などであまりに皮脂を取りすぎてしまうと、カサカサ肌になり、結果しわやたるみの原因となってしまいます。洗は毛穴につまった汚れを取ることを目的として行ってください。毛穴の汚れが取れれば、適度な皮脂が自然に分泌され、お肌に潤いを与えてくれます。

顔たるみの予防法

顔たるみ予防運動





たるみの筋肉が衰え、筋肉が皮膚を支えきれなくなることで起こります。の筋肉を鍛えればたるみ解消・予防できます。ここでは口輪筋(口の周りの筋肉)と側頭筋(耳の上にある扇状の筋肉で、物を噛むときに使用する)を鍛える面運動を紹介します。これを行うと、ほほの筋肉が引き締まりたるみが取れます。また、唇の血行が良くなり、魅力的な唇の色に。そして素敵な笑になれて、全体が若返ります。女性にとって素敵な笑は必須ですよね!

まずは頬のたるみ解消&引き締めの運動

@ 眉を下げて目を細め、泣くときのような情けない表情を作り、唇も硬くつぼめて「うー」と発声します。
A 今度は思いっきり大きく目を開き、口元に力を入れ、それを急に大きく開けて「パッ」と発声。これをテンポよく数回繰り返します。

次に魅惑的な唇を作る運動

@ 口をできる限り小さくつぼめて尖らして、「うー」と発声。唇が硬くなっていることが重要です。
A 頬の筋肉を耳の後ろへ持っていくような気持ちで頬を引き上げて「いー」と発声。

これらを4・5回繰り返します。簡単なので、家事をしながら、テレビを見ながら、トイレに行きながら…と、いろいろな場面でやってみてください。

顔たるみの予防法

顔のたるみ対策




がたるむと実際の年齢より老けてみえますよね。これって女性にとってはサイアクの事態です。何が何でもたるみを取り去りましょう。そのためにはたるみの原因を知ることが先決です。「敵を制するにはまず敵を知る」です。

たるみの原因は、まず加齢によって起こる肌や筋肉の老化です。の内部にある「表情筋」という筋肉が加齢によって、衰えていくことが原因です。年をとると、あまりの筋肉を動かすほど大声で笑ったりすることが少なくなり、どうしても無表情になりがちですよね。それから、食べ物も柔らかいものを好んで食べるようになるので、どうしても筋肉が弱くなってしまうのです。

たるみを防ぐには、まずこの表情筋を鍛えなくてはいけません。本格的にエクササイズをしようとしなくてもかまいません。友達とおしゃべりしたり、面白いテレビを見て思いっきり笑うのもいいです。普段から意識して表情筋を動かすことが大切です。

また、老廃物がたまってその重みでたるむということもあります。 化粧したあとに、しっかり落とさないまま寝ることもよくないです。これを繰り返すとさらに悪いです。面倒でも、眠くても、化粧はしっかり落としましょう。

それから、乾燥によるものもあります。肌が乾燥することによって、肌の弾力がなくなり、たるみとなるのです。 たるみを防ぐために表皮の下にあるコラーゲンやヒアルロン酸が年齢とともに失われていくので、肌がハリを失い、たるみとなっていくのです。

紫外線を浴びることも肌の老化を促進し、の筋肉がたるんできます。日焼け止めクリームを塗り、防止や日傘などで紫外線をシャットアウトすることが必要です。“夏の海辺で甲羅干し”なんてもってのほかです。

たるみは起きてから対策をたてるよりも、予防することのほうがずっと大切です。日頃の小さな意識が将来の美に大きな影響を与えます。日々精進努力です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。