顔のたるを取る解消法
スポンサードリンク

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージの準備と手順





今巷で話題沸騰の造顔マッサージ。そのやり方はテレビや雑誌でもよく取り上げられて、大体知っている人も多いでしょう。ここではマッサージの手順としてまずはその基本段階、準備の部分を解説します。

造顔マッサージをする時間は決まっていません。いつでもあなたの都合のいいときに行ってよいのです。マッサージの効果は大体10〜12時間持続します。結構長いですよね!? 従って朝行えば、その日の日中一杯もちます。つまり、仕事などをして他人にを見られている間ずっと「スッキリ小」がキープできるということです。これは嬉しいですね☆もちろん夜でもOKです。とにかく大切なのは毎日続けることです。毎日続けることで、あなたのおは確実に美しく変化していきます!

あと、「今日はキメたい!」というときに、メーク前に行えば、化粧のノリも違い、他の人の中でひときわあなたの美しさが際立つこと請け合いです。

このマッサージは、表面をやさしく撫でるのではなく、指の腹全部を使ってに押し当て、圧力をかけての筋肉をもみほぐし、脂肪をも揉み出すように行うので、結構力強いものです。ですから、マッサージによる摩擦や刺激から肌を守るために、たっぷりと惜しまずクリームを塗りましょう。

クリームは、油分が控えめで固めのものが、滑りすぎず、圧力がかけやすいので適しています。
姿勢が悪かったり、頭が不安定にグラグラしていると、十分に力が入らず、マッサージの効果も半減します。「さあ、私は今から小になって美しくなるわよっ!!」と気合を入れて行うと姿勢も良くなり、マッサージしやすくなります。壁に頭をつけて、姿勢を安定させると更にやりやすいと思います。

本格的なマッサージに入る前に準備体操のようなウォーミングアップをしましょう。

両手でをはさみ、耳の前からゆっくり余分なお肉を移動するように首筋まで持っていきます。決して内側に入らないように真下に手を下ろしてください。これを2・3回繰り返します。この動作で、のリンパや老廃物の代謝がよくなり、マッサージの効果もUPします。

のリンパ液は、頭から首に向かって上から下へ流れているので、この自然な流れに沿って手を動かすことによってリンパの流れが良くなるのです。

「上から下って、リフトアップの逆じゃないの??そんなことしたら余計下にたるんじゃうんじゃないかしら…」と思うかも知れませんが、自然の流れに沿うことにより、かえって引き締めの効果が現れるのです。
上に引き上げることばかりに気をとられるよりも、血行をよくして新陳代謝を促進し、老廃物を効果的に排出して引き締めることによってたるみをなくし、若々しいを作り上げる、という考え方です。

ポイントとしてはとにかくまっすぐ下へ降ろすことです。こめかみの下→耳の前→首すじ→鎖骨というながれです。あごの方向ではありません。リンパの流れは鎖骨に向かっているので、鎖骨は重要ポイントですよ!意識して力を込めて行ってください。ただし、首のリンパが腫れやすい方や顎関節症の方などは無理してあまり強く刺激をしないでください。あくまでご自分の体調に応じて、「気持ちいい」と感じる程度で行いましょう。

顔たるみ造顔マッサージ

動画を見て造顔マッサージ体験





造顔マッサージは本の文字と絵だけを見て、手探りで行うよりもやはり、実際に動く画像を見ながらやったほうが断然効果が上がります。動画のいいところはやっぱり、力の入れ方やマッサージのポイントが分かりやすいところですよね。

とくにおすすめの動画は「田中宥久子の造顔マッサージ10年前のになる」というDVDブック(価格2100円)についているDVDです。これは解説がとても丁寧です。

映像の収録時間は実践編の動画が5分くらいです。実際のマッサージの仕方のほかに注意点なども載せてくれています。全部で20分くらいの簡潔な内容です。

「私は飽きっぽいからDVDは買いたくない」とか「とりあえず試しに映像を見てみたい」という方には「Youtube」というサイトがおすすめです。

音声も付いているので、造顔マッサージに興味を持ってちょっと見てみたい、という方には最適だと思います。少し画像が荒いところもありますが、マッサージする位置を確認するのには十分です。造顔マッサージ自体、そんなに難しいものではないので、1・2回動画を見ればかなり理解できます。後は何度もやって自分のものにすれば、あなたももう、造顔マッサージマスターです。とにかく気軽に動画を見るところから始めてみましょう!

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージの本




造顔マッサージの本は、開発者の田中宥久子さんが書いたものが売られています。本を読んでマッサージをすれば、高いお金を払ってエステに行かなくても、自宅にいながら自分の手で造顔マッサージをすることが出来るので、とても役立つと思います。

造顔マッサージの本を買いたい人は、書店へ行ってもいいですが、それ以外に最近ではインターネットでも手軽に買えます。

本を読んで正しい造顔マッサージの方法をしっかり確認しながらマッサージを行えば、効果が断然UPします。造顔マッサージの効果を出すためには、やはり正しい方法ですること、そして毎日続けることです。

具体的に田中宥久子さんの著書を挙げると以下のようなものがあります。造顔マッサージの方法を解説した本だけではなく、彼女の人生や考え方を綴った本もあり、こちらも魅力的です。興味を持った方はこちらも読んでみてくださいね。

● 田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)
● 田中宥久子の体整形マッサージ
● 田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編
● 7年前のになる田中宥久子の「肌整形」メイク (DVD付)
● 田中宥久子のビューティーダイアリー
● 田中宥久子生きる美学
● 田中宥久子美の法則

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージ習得DVD





ここ最近、話題沸騰中の造顔マッサージ。このマッサージの方法を正しく知るには、やはり本を読んでいるだけではなかなかわかりにくいですね。そんなときにはDVDの映像を見ながらやるととてもわかりやすく行えます。

造顔マッサージのDVDだけがほしくても、DVDだけでは売っていなくて、全て本に付属で付いている、DVDブックとして売っています。だから、いらないと思っても本は一緒に買わざるを得ないです。でも後で復習するときにはゆっくり確認しながらできるので、本があってもいいでしょう。

DVDを見ながらマッサージをすると、本だけを見て自分でマッサージするよりも、手の動かし方や位置のポイントなどが目で見て直ぐに分かるので、効果が上がります。

最初に買うDVDブックでおすすめなのは、「田中宥久子の造顔マッサージ10年前のになる」(価格2100円)です。これが、一番解説が丁寧だ思います。カリスマ田中宥久子さん自らが出演&指導していて、分かりやすくマッサージを習得できます。

紹介されているマッサージは少なめですが、これくらいでちょうどいいと思います。一度にあまりたくさん複雑なことをやられても、最初のテンションが上がっているときはともかくとして、後が続きませんからね(苦笑)。基本をしっかりマスターして、少しずつでも毎日やることが大切です。

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージにおすすめのクリーム





今話題沸騰中の、田中宥久子さんの造顔マッサージ。このマッサージにはクリームが不可欠です。何もつけないでマッサージしてしまうと肌がいたんでしまいます。造顔マッサージでは、たっぷりとクリームをつけてマッサージすることを勧めています。

さて、そのクリームですが、脂分が控えめで、適度に柔らかく、指止まりのいいものを選ぶのが良いです。

田中さん自身がプロデュースしている、化粧品サロンY・METHODの『ZOGAN cream』というクリームは、創始者自身が開発したものだからもちろん最適なのですが、悩みどころはそのお値段。だって12,600円もするんですものぉーっっ!!マッサージのたびに結構な量を使うのに、この値段は高すぎます。美しくなる前に破産します(苦笑)。

他に、以前田中さんが以前プロデュースしていた『SUQQU』の筋マッサージクリームというのがあって、これを利用している人も多いのですが、これも定価10,500円。やっぱり高い。。。あと、このクリームは香りが結構するので、それが気になる人もいるようです。

あとは、比較的リーズナブルなお値段で、容量があり、香りも少なく、やわらかさも適度だという理由で、「ちふれ」のマッサージクリームを使っている人もかなりいます。

私は、界面活性剤に極度に弱くて、市販のメジャーなクリームは一切使えないので、馬油でマッサージしています。「油」ですがどろどろしていなくて、塗った後はさらっとします。同じ油でもごま油とかサラダ油とかとは違います(笑)。

とにかく、あまり難しいことを考えずに、自分の肌に合っていて、マッサージしやすいクリームだったら何でもいいのです。要はマッサージを続けることに意義があるのですから。

余談ですが、マッサージを終えた後についての注意があります。マッサージのあとそのまま洗するとも手もクリームまみれになってしまい、2度3度と何回もごしごし洗うハメになってしまい、肌の潤いがなくなってしまうので、これはダメです。

まずは軽くティッシュオフし、そのあとは化粧水でやさしく拭き取りましょう。こうすると下手なパックより肌が潤ってもちもちプルルン♪になるので、ぜひ試してみてください!!

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージの効果





最近、田中宥久子さん提唱の造顔マッサージがテレビや雑誌によく取り上げられ、大人気ですね!このやり方を覚えれば、高いお金を払ってエステに行かなくても、自宅で自分の手でマッサージができます。毎日たったの3分のマッサージで、基本動作は内から外へ、こめかみの辺りまで老廃物を持ってきて、その後、首筋から鎖骨の方へとリンパの流れに乗せて老廃物を流す、という動作です。

その効果は…

1. のむくみやたるみ解消する
2. 毛穴の汚れが取れ、くすみも取れる
3. しわ、目の下の隈、法令線が消える
4. 二重あごが解消し、小になる
5. フェイスラインが上がる(リフトアップ)
6. 化粧のノリがよくなる

…とまあ、実に様々です。どれも女性が憧れて止まないものです。そして彼女の造顔マッサージの嬉しいところは一回にやる時間が短くてすみ、また、比較的早い段階で何かしらの効果が現れるということです。一週間くらいでお肌のハリを実感する人が少なくありません。毛穴の汚れなんかはマッサージをやってすぐに驚くほど取れます。余談ですが、田中さんは、マッサージで取れた汚れを脱脂綿で拭き取って本人に見せて、その人が驚く様子を見るのが至極の喜びだそうです(笑)。

効果が目に見えて現れるからこそ、頑張ろう!という気持ちになり、またマッサージに専念し、そして効果が出る、という良いサイクルが出来上がり、ますます美しくなっていくのです。

顔たるみ造顔マッサージ

目と頬の周りの造顔マッサージのやり方




造顔マッサージを実際に自分で行ってみましょう。ここでは、女性が特に気にしている、目の周りと頬のマッサージをご紹介します。滑りがいいように、たっぷりクリームをつけることを忘れずに!!

■ 目の周りの造顔マッサージ

@ 中指を目の下の骨に沿って目尻から目頭へと動かし、目頭まできたら軽くプッシュ
A 目の下の骨に沿って目尻に戻り、もう一度@の動きをする
B 目の下の骨に沿って黒目の外側辺りまで戻り、そこを軽くプッシュ
C 中指と薬指を耳の前まで動かし、首筋から鎖骨に向かってまっすぐおろし、リンパを流す

@〜Cを3回繰り返す。目の周りの皮膚は柔らかくて敏感なので、ソフトに行ってください。

■ 頬の造顔マッサージ

@ 頬杖をつくように片手であごを支え、もう片方の手の中指と薬指を法令線の先とあごを結んだ線のところに置きます
A @のポイントから目頭に向かって斜めに動かし、そこで3秒ほど押してキープ
B 少し力を弱めて、目の下→耳の前→首筋→鎖骨の順で動かし、最後にリンパを流す

@〜Bを左右それぞれ3回繰り返す。

顔たるみ造顔マッサージ

田中宥久子流マッサージとは




田中宥久子さんは、ヘア&メイクアップアーティストとして映画を中心とする映像の世界で活躍している人で、今まで数多くの女優やモデルのメイクを担当してきた人です。写真を見れば分かることですが、この方、もう60歳を超えているのにめちゃくちゃ若く見えます。どう見ても40代くらいにしか見えません!この若さを前にすると、彼女が提唱するマッサージの効果も確実なものではないか、という気にさせられます。

彼女については、以前から女性誌などでコーナーや特集が組まれていたので、知っている人は知っている、という存在でしたが、最近急にテレビで取り上げられるようになり、雑誌にも頻繁に登場するようになり、一気に認知度が上がりました。今や女性の間で「ゴッドハンド」と言われ、カリスマとなっています。

彼女はのマッサージで血流を良くし、内側から肌に働きかけた上でメイクをすることで、実年齢よりも数歳若く見せます。

彼女のマッサージはリンパの流れを意識した独自のマッサージです。のリフトアップやあごのラインをシャープにするなどの形に重きを置いたマッサージです。これを彼女は「造顔マッサージ」と呼んでいます。マッサージすることによっての形を矯正し、若さを保ったり、取り戻すことができる、と彼女は考えています。の形そのものを整えることによって、メイクでは補えない土台の部分を重視しています。これは、女優やモデルのメイクを長年担当してきた経験が反映されているのでしょう。

田中宥久子さんの造顔マッサージでは、基本的には内から外へマッサージします。また、目尻に向かうラインに沿って下から上へと指を動かした後、こめかみあたりで止めて、今度は首筋→鎖骨へと指を動かして老廃物をリンパの流れに乗せるというのが一連の動きになります。

顔たるみ造顔マッサージ

フェイスラインの造顔マッサージの仕方





フェイスラインがスッキリすると小に見え、明るく若々しい印象になります。基本は耳の前まで淀んだ汚れを持ってきて、首筋→鎖骨へと流していく動作です。さあ、あなたのその手で始めましょう!

■ 口角からフェイスラインにかけての造顔マッサージ
@ 少しうつむき加減になり、手のひらを上に向けて両手の親指の先の部分で口角を押す
A そこから斜め上方にゆっくりと移動させ耳の前まで持ってくる
B そのまま首筋→鎖骨と動かしてリンパを流す

@〜Bを3回繰り返す。

■ あご下からフェイスラインにかけての造顔マッサージ
@ 手のひらを上に向けて、親指の下の部分をあごの下中央に置く
A そこからあごに沿って親指を耳の後ろまで動かす

@・Aを左右交互に3回繰り返す。

■ 全体
@ 親指をあごに、人差し指を頬骨の高いところにぴったりと当てる
A 人差し指を左右に開くように耳の前まで移動させる
B 中指と薬指を耳の前→首筋→鎖骨の順で動かし、リンパを流す

@〜Bを3回繰り返す。
その3角形で口・鼻を覆うように、親指をあごに、人差し指を頬骨にピッタリ当てます。
人差し指を左右に開くように耳の前まで移動させ、最後に中指・薬指を耳の前〜首筋〜鎖骨と動かします。
(1)〜(3)を3回繰り返してください。

顔たるみ造顔マッサージ

造顔マッサージの基本と方法




造顔マッサージは最近頻繁にテレビで取り上げられているので、女性たちの中に大分浸透してきましたね。マッサージは、田中宥久子さんが開発したもので、彼女が設立した渋谷と赤坂にある"Y・METHOD"というサロンで受けることができます。でも年会費が10万以上、一回の施術料が2万円以上とかなりお高く、誰もが気軽に受けられるお値段ではありません。それでも諦めることはありません。このマッサージはサロンに行かなくても自分の手があればできます。ぜひチャレンジしてください。

まずマッサージをするときは、首周りが広く開いた服を着てください。だけでなくデコルテの部分までマッサージする必要があるからです。また、造顔マッサージでは肌をかなり強い力で擦るので、肌を傷めないようにクリームをたっぷり塗ることが大切です。

造顔マッサージの基本は、中指と薬指の先で耳の前→首筋→鎖骨となぞる動きです。これでリンパの流れを促し、皮膚の下にたまった老廃物や余計な脂肪を取り除くことが、重要ポイントです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。